このコーナーでは、当院スタッフが病気についてのまめ知識を連載していきます。

胃・十二指腸潰瘍について
胃・十二指腸潰瘍について

胃・十二指腸潰瘍とは
胃や十二指腸は、デリケートな臓器です。そのため、肉体的・精神的ストレスや消炎鎮痛剤などの薬剤によって、胃の粘膜の血液循環が悪くなり、粘液・粘膜の働きが低下し、潰瘍を引き起こします。粘膜が深くえぐり取られたものを[潰瘍]、浅い変化しか生じなかったものを[びらん]と呼んでいます。
攻撃因子としては、胃酸、ペプシンがあげられますが、最近では「ヘリコバクターピロリ」という細菌も重要な因子と考えられ、十二指腸潰瘍で95%、胃潰瘍で70%前後とされています。
胃潰瘍は、40歳以降の人に多くみられるのに対し、十二指腸潰瘍は10〜20代の若年者に多くみられます。

症状
自覚症状は、腹部膨満感、胸やけ、悪心、食欲不振、嘔吐などもありますが、最も多くみられるのは、上腹部痛です。
胃潰瘍では、みぞおち(心窩部)が痛くなることが多く、食後30分から1時間たったあとに痛み、十二指腸潰瘍では、みぞおちから右上腹部が痛くなることが多く、空腹時痛がよくみられ、とくに夜間にしばしば起こります。食事摂取で軽快することもあります。
潰瘍からの持続的な出血があると、吐血(胃酸と混じるためコーヒーの残りかす様のことが多い)または下血(タール便と呼ばれる海苔のつくだ煮様の黒っぽい便としてみられることが多い)として症状が現れてきます。

検査
バリウムによるX線検査と内視鏡検査があり、この2つの検査により診断は容易につきます。
※当院では、バリウムによるX線検査ができます。

【ヘリコバクター・ピロリ菌感染の診断・治療の対象患者について】
1.内視鏡又は造影検査において胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の確定診断がなされた患者
2.胃MALTリンパ腫の患者
3.自発性血小板減少性紫斑病の患者
4.早期胃癌に対する内視鏡的治療後の患者
5.内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた患者
※ 上記1〜5に該当しない方は保険診療の対象外です。
※当院では自費での検査・治療は実施しておりません。

治療
薬物療法とともに、胃腸の安静、食事療法が重要です。またストレスとも関係するため肉体的・精神的ストレスを避ける必要があります。
<食事療法>
・胃粘膜を刺激するアルコール、タバコ、香辛料、物理的な刺激食品(熱い、冷たい、固い食品)、胃伸展をもたらす炭酸飲料、また胃液分泌を刺激する肉汁・揚げ(油っこい)物などを避けましょう。
・一度に大量の食物を摂取しないようにし、食事の回数を増やしましょう。
・時間をかけてゆっくりとよくかんで食べましょう。
・食後一時間は休むように心がけましょう。
・食事時間を決めましょう。
・消化のよい物を食べましょう。繊維の多い野菜は、よく煮るようにしましょう。
・空腹が続くと胃酸により、胃が刺激されるので、空腹を続けないようにしましょう。
・満腹に食べることも胃への負担となるため、腹八分目にしましょう。
<その他>
・ストレス解消を上手にし、十分な睡眠をとり、規則正しい生活を心がけましょう。
・禁煙しましょう。
・医師から処方された薬を自己判断で中断せず、きちんと服用しましょう。薬を中断すると再発しやすくなります。
Date: 2008/01/23(水)


熱中症について
熱中症とは?
気温や湿気の高いところで、激しい運動や仕事をしたり、長時間日光を浴びると、めまい・吐き気・頭痛・さらには意識障害といった症状が現れることがあります。こうした高温多湿の環境下でおこる様々な体の障害を総称して「熱中症」といいます。

日射病:直射日光の下に長くいたため発生した場合
熱射病:高温多湿の環境下で発生した場合


・熱失神とは?
高温・直射日光によって、発汗による脱水と血管が拡張し、血圧が下がることによっておこる。
症状として、めまい・失神など
・熱けいれんとは?
汗を大量にかいたとき、塩分が不足し、血中の塩分濃度が低下して、筋肉がけいれんをおこす。
症状としては、腕・肩・脚などの筋肉のけいれん、吐き気、嘔吐、口の渇き、頭痛など
・熱疲労とは?
体内の水分や塩分不足、いわゆる脱水症状によるもの。死に至ることもある熱射病の前段階ともいわれ、この段階での対処が重要となる。
症状としては、頻脈・血圧低下・めまい・吐き気・体温上昇・意識障害など
・熱射病とは?
体温の上昇が激しいため、熱の発散が追いつかず、体温調節機能が働かなくなり、心臓や脳など、体の中心部に熱がこもるためにおきる。
症状としては、発汗停止・意識障害・体温上昇・心不全・肺水腫・腎不全・多臓器障害など

熱中症の応急手当
・体温を下げる:氷嚢を首や脇の下付け根にあてる。濡れたタオルを体に当てて扇風機などで風を送るのも良い。
・水分を補給する:意識のある場合、スポーツドリンクや0.1%の食塩水など塩分を含んだ物を飲ませる。
・衣類をゆるめる:服のボタンやベルト、下着類をゆるめる。
・涼しいところに運ぶ:風通しに良いところ、クーラーがきいたところに移動させる。
*体温が上昇し、意識障害がある場合は、至急救急車を呼んでください。

熱中症の予防
・帽子をかぶる:日差しの強いときは、帽子をかぶって、直接頭に強い日差しが当たることを防ぎましょう。
・ゆったりした衣類を着る:肌の露出を少なくし、通気性の良い物を着ましょう。
・水分と塩分を十分補給する:ビールやカフェインを含んだ飲み物は、尿量を増やし、さらに脱水となることもあるため好ましくありません。また、冷たすぎる飲み物は、下痢をすることもあるので気をつけましょう。
・無理をさせない:だんだん具合が、悪くなることが普通なので、速い時点での対応に心がけましょう。
・駐車した自動車の中に乳幼児、ペットを残すようなことはやめましょう。
・高温多湿の日は要注意:気温が30℃以上になると、体温が下がりにくく、湿度が高いと汗をかいてもなかなか蒸発しないので効率よく体温が下がりません。湿度が75%以上のときは特に注意しましょう。
Date: 2007/07/25(水)


肺炎について
『肺炎について』

【肺炎とは】
さまざまな病原菌の感染によって肺に炎症が起こった状態のことです。一般的には、体力が落ちているときや高齢になって免疫力が弱ってくるとかかりやすくなると言われています。
肺炎の原因になるのは、細菌やウイルスです。もともと細菌は、健康な時から口の中に住み着いている事が多く、呼吸するとき体内に侵入しても、健康な人は、のどで病原菌を排除することができます。しかし、風邪などをひいてのどに炎症が起こっていると、病原菌が素通りして肺に入って炎症を起こしてしまいます。若い人はかかっても命の危険はまずないが、65才以上の高齢者は命に関わるので注意しなければならない。また、冬は夏に比べて3〜4倍発生が多い。

【肺炎の症状】
激しい咳や膿のよう痰(緑色や黄色)、38度以上の高熱、悪寒、咳をすると胸が痛い(胸痛)、少し動くと息が切れるとか呼吸が苦しくて夜寝られない、呼吸がハアハアと増える、冷や汗が出る、顔色が悪い、食欲不振、等
高齢者では、熱、咳や胸痛などの症状があまりなく、聴診器による音も異常ないのに、X線で肺炎と診断されることもあるので注意が必要です。

【肺炎の診断】
熱・咳・痰・呼吸困難などの全身症状、聴診での肺の異常音、血液検査(白血球増多、CRP上昇等)、赤沈亢進、胸部X線やCT検査、細菌培養検査などで診断します。

【肺炎の治療法】
抗菌剤による治療を行います。また症状に合わせ、咳・痰に対する鎮咳薬、去痰薬の治療とともに、発熱に対する解熱薬、消炎薬などの投与も行います。
軽症・中等症例で脱水を伴わない場合は、外来での治療、脱水を伴うもの、重症な場合は入院治療となります。

【こんな症状があるときは・・・】
,ぜ症状が長引き、咳・痰が増えた
≡發凌Г白色から黄色に変わった
F輿魁悪寒とともに高熱(38〜39℃)が出て3〜4日以上続く
じ撞杠て顱並くて浅い呼吸)
タ欲不振や倦怠感が著しく、胸痛をともなう

上記がみられる場合、熱はないが胸が痛いなどの症状がある場合は、早めに受診してください。
Date: 2007/02/07(水)


ノロウィルス対策
今シーズン冬場に猛威をふるっているノロウィルスについて取り上げてみました。感染予防など参考にしてください。


【感染経路】・・ほとんどが口からウィルスが侵入し感染します。
ウィルスに汚染された食べ物(牡蠣を含む貝類など)を食べたり
便や吐物をさわる事により感染します。
一般的な食中毒細菌は、10万〜100万個で感染・発病します。


【潜伏期間】・・24〜48時間後に発症し発症後1〜2日で軽快します


【症状】・・吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、軽度の発熱などの症状
また、感染しても発症しない場合や風邪のような症状の場合もあります。高齢者の人や抵抗力の弱まっている人は、肺炎を併発したり下痢、嘔吐による脱水を起こす場合があります。


【治療法】・・嘔吐、下痢の激しい場合は一時的に経口摂取を禁止、脱水症状がひどい場合には、輸液を行います。


【予防法】・・感染予防の基本は手洗いです。トイレの後や調理の前には、十分に手指を洗いましょう。爪を短く切り、石けんを十分泡立てて温水の流水で十分にすすぎます。指の間やしわなども丁寧にあらいましょう。
食品の調理は十分に加熱しましょう。


【消毒】・・アルコールや逆性石けんでは殺菌効果はありません。
次亜塩素酸(キッチンハイター・ミルトンなど)を85度以上で1分間以上の加熱により感染性を失います。

Date: 2007/01/10(水)


嘔吐下痢症について
『嘔吐下痢症について』

感染性胃腸炎ともいいます。乳幼児に多くみられますが、大人を含めどの年齢でも発症します。

【原因】
ロタウイルス、アデノウイルスなどによるものがあり、ロタウイルスによるものが最も多く、冬に流行します。感染経路は糞口感染(便や吐物の中に存在するウイルスが手などを介して口に入って感染する。)、飛沫感染や食品を介しての感染などがあります。

【症状】
嘔吐:下痢に先行して嘔吐がみられることが多いが、1〜2日でおさまります。
下痢:すっぱい酸性臭のあるドロドロ〜水様の下痢便で、血便を伴うことはほとんどありません。下痢が目立たないこともあります。
発熱:乳幼児ほど発熱する頻度が高くなります。微熱から高熱まで程度は様々ですが、2〜3日で解熱します。
咳や鼻水などが一緒にみられることもあります。
全体の経過は、一週間程度で適切な食事療法で回復に向かいます。嘔吐や下痢で体内の水分とともに消化液を失うと塩分など(電解質)体液が失われ、脱水になります。脱水症状には、十分注意してください。

【治療】
症状の対処療法になりますが、嘔吐が強くて経口が困難な場合や脱水が進んだ場合は点滴による補液を行います。

【予防】
かぜの一般的な予防と同じです。手洗いを行い(特に吐物や便を処理した後)、うがいをしてください。

【食事について】
乳製品、冷たい物、油もの、糖分の多いもの、生野菜など繊維の多いものは食べないで下さい。卵や豆腐などは便が固くなれば食べていいです。

◎下痢が治まると、すぐに体重は回復します。栄養は控えめでも早く下痢を治す様にしましょう。
Date: 2006/11/25(土)


インフルエンザについて 【2】
【インフルエンザと風邪の違い】

インフルエンザと“かぜ”(普通感冒)とは、原因となるウイルスの種類が異なり、通常の“かぜ”(普通感冒)はのどや鼻に症状が現れるのに対し、インフルエンザは急に38〜40度の高熱がでるのが特徴です。さらに、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状も強く、これらの激しい症状は通常5日間ほど続きます。また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を起こすこともあり、体力のない高齢者や乳幼児などは命にかかわることもあります。

【インフルエンザの感染様式】

通常の”かぜ”(普通感冒) のウイルスの感染様式は(かぜウイルスのなかでも最も多いライノウイルスの場合) 特に手から手による接触感染の頻度が高いといわれています。
それに対して、インフルエンザウイルスは患者のくしゃみや咳、痰などで吐き出される微粒子(飛沫) を介して感染する「飛沫感染」が中心です。

【インフルエンザワクチン接種】

インフルエンザワクチンは接種してから実際に効果を発揮するまでに約2週間かかります。ワクチンには2回接種と1回接種(中学生以上は1回でもよい)があり、2回接種する場合は、2回目は1回目から1〜4週間あけて接種します。流行期間が12〜3月ですから、11月中旬頃までには接種を終えておくとより効果的でしょう。また、流行してからの接種は、抗体価が十分上がる前に感染する危険性がありますが、抗体価が上昇していれば症状が軽くなります。

【インフルエンザかなと思った場合】

現在、インフルエンザの治療に使われている抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。いったん体の中に入ったインフルエンザウイルスは猛烈な勢いで増え続けて、症状が出てから2〜3日後(48〜72時間後)に最も数が多くなります。ですから、ウイルスの量が最大になる前、つまり症状が出てから48時間以内に抗インフルエンザ薬を使って増殖を抑えれば、病気の期間を短くし、症状の悪化を防ぐことができる可能性があるというわけです。ウイルスの数が少ないほど効果が大きくなりますから、早めの治療ほど効果的です。

【インフルエンザにかかったかを判断する迅速キット】

感染していても初期でウイルスの量が少ない場合は、(−)とでる場合があります。キットの種類や検査する時期などによっても、差があります。陽性(+)とでたら、その診断は確実です。キットの種類によっては、A型・B型の区別も可能です。


※当院では、インフルエンザ予防接種を行っています。
予防接種には予約が必要となりますのでお問い合わせ下さい。



Date: 2006/11/01(水)


インフルエンザについて
『インフルエンザについて』

インフルエンザの予防接種を受けたら、絶対にインフルエンザにかからないというわけではありません。
もしも、インフルエンザにかかったとしても重症化は免れます。成人の場合、インフルエンザの発病阻止率は70〜90%ぐらい、小児の場合はさらに低くなります。

【インフルエンザの予防法】
インフルエンザは冬場に流行します。冬場は空気が乾燥し、寒くて乾燥した空気は気道粘膜の抵抗力を弱めるなど、インフルエンザウイルスにとって、好条件が整っています。インフルエンザは空気感染し、人から人へとうつります。
インフルエンザの予防は、流行前に「予防接種」を受けることですが、その他に日常生活で気をつけることもありますので実践してみて下さい。

【日常生活で出来る予防方法】
日常生活ではまず、体調を整えて抵抗力をつけ、ウイルスに接触しない事が大切です。また、インフルエンザウイルスは湿度に非常に弱いので、室内を加湿器など使って適度な湿度に保つことは有効な予防方法です。

 ̄浜椶筏拌を十分取る。
 体力をつけ、抵抗力を高める事で感染しにくくなります。
⊃雄みを避ける。
 病原体であるウイルスを寄せ付けない様にしましょう。
E度な温度・湿度を保つ。
 ウイルスは低温・低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂っています。加湿器などで室内の 適切温度・湿度を保ちましょう。   
こ綾亳紊亮蠕いとうがいをしましょう。
 手洗いは接触による感染を、うがいはのどの乾燥を防ぎます。
ゥ泪好を着用する。
 インフルエンザウイルスは咳やくしゃみの飛沫から他人に感染するのでマスクの着用をしましょう。他人に感染するのを防ぐ効果もあります。


※当院では、10月1日から予防接種を行います。
予防接種には予約が必要となりますのでお問い合わせ下さい。

Date: 2006/09/27(水)


ピロリ菌
1 ピロリ菌の概要と感染経路

正式名:ヘリコバクター・ピロリと言い、胃のような強酸性の環境下では、ほとんどの生物は生存できません。にもかかわらず、この菌は胃の中にしかいません。日本では年齢とともにこの細菌を持っている人が増えていき、40歳以上では約75%の頻度となります。人から人への経口感染(口から口)がほとんで、家族内での母親から子供への感染(たとえば、一度口に入れた食べ物を子供に与えるなど)が主体と言われています。ほとんどが子供の時に感染します。また、汚染された食物や水あるいは糞便からも感染するようです。感染しても大半は病気にはならず、また生活環境の進歩、生活習慣の変化とともにこの菌を持っている人は減少しているのです。しかし、ゴキブリがピロリ菌を運んでいる可能性が指摘されていますので、小さい子供のいる家庭では、台所を清潔に保ち、ゴキブリの駆除を心がけることが大切です。

2 検査方法

内視鏡を用いる方法
鏡検法・培養法・フェノールレッド色素内視鏡法・迅速ウレアーゼ試験・遺伝子診断法

内視鏡を用いない検査
血中抗体価測定・血清ペプシノーゲン/業罅η中抗体価測定・検便検査

3 治療方法

抗生剤と潰瘍の薬を組み合わせて1週間内服します。治療中の喫煙は除菌率を低下させるため、禁煙が必要です。

参考として・・・
健康食品
ヨーグルト(LG21)、ハチミツ、ココアの脂肪成分、梅肉エキス、ライスパワー101、ブロッコリーの新芽、わさびの葉、シナモン、海藻類、クランベリーなどにはピロリ菌を抑制する作用があります。

4 感染を防ぐためには

\舷紊魄まないようにする
∪犬發里鮨べるときにはよく注意する
1染されたまたは腐れた食べ物は食べないようにする
ぜ蠅把樟椰物には触れないようにする。おしゃぶりは止めるようにする
ゾ任欧進またはしょっぱいものをいっぱい食べないようにする
食事の前後には手を洗いましょう
Гい弔眄況蕕鮨瓦けましょう

よく胃の調子が悪くなる方や心配な方は、一度X線検査をお勧めします。ぜひ受けてみてください。

【ヘリコバクター・ピロリ菌感染の診断・治療の対象患者について】
1.内視鏡又は造影検査において胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の確定診断がなされた患者
2.胃MALTリンパ腫の患者
3.自発性血小板減少性紫斑病の患者
4.早期胃癌に対する内視鏡的治療後の患者
5.内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた患者
※ 上記1〜5に該当しない方は保険診療の対象外です。
※当院では自費での検査・治療は実施しておりません。

Date: 2006/09/01(金)


現行ログ/ [1] [2]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

 

032984
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61